NEXT CARS

新型車から旧車まで意外と知らないクルマ雑学

ivy32.com

カートピック

強いアメリカの象徴!マッスルカー「ダッチバイパー」が生産終了

2019/03/16

Dodge Viper

アメリカを代表するスポーツカーのひとつ、毒蛇の異名をもつダッジ『バイパー』の生産が、間もなく終了するらしい。

6月21日、ダッジブランドを擁する米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)USによると、「2017年モデルとして、6月24日から受注を開始する5種類の限定車を最後に、バイパーの生産を終了する」と発表されました。

 

現行バイパーは4世代目モデル

2012年4月に行われたニューヨークモーターショー12で、SRTバイパーの名前で発表されたバイパーには、現在のダウンサイジングトレンドとは全く無縁の大排気量V型10気筒ガソリンエンジンが積まれており、先代同様に排気量は8.4リットルとなっています。

しかし、ピストンやインテークマニホールド、エグゾーストバルブなどに、大幅な改良を受けており、最大出力は640ps、最大トルクは83kgmを引き出す。

これは先代比で、40ps、5.5kgm強化されたことになり、動力性能は0‐96km/h加速を3秒以下で駆け抜ける。

最高速は331km/hに到達っし、0‐400m加速は11秒台半ばを誇ります。

 

2014年9月に発表された2015年モデルでは、8.4リットルV10が更にパワーアップしており、従来の640psから5ps引き上げられ、645psを発生する。

また、6速MTも改良されており、高速燃費は20マイル/ガロン(約8.5km/リットル)と、従来比で約5%向上しています。

 

viper

 

6月21日、FCA USは、2017年型の5種類の限定車を最後に、バイパーの生産を終了すると発表。
初代の誕生から25周年の節目に、その歴史の幕を下ろすことになった。
FCA USの乗用車ブランドを統括するTim Kuniskis代表は、「25年前の初代発売以来、スーパーカーの世界に数々の新記録を打ち立て続けてきた」と語っている。

 

米国を代表するスポーツカーのひとつ、ダッジ『バイパー』の生産が、間もなく終了することが分かった。

 

やはり、時代の変化ですね。
エコカーやEVカーが台頭してきた現代では、大排気量、大パワーはもう
必要ないってことなのかも知れません。

アメリカンマッスルカーと呼ばれた
車の、一つの時代が終焉する象徴を見るような気がします。

 

 

PR 副収入が欲しいサラリーマン必見!
資金0から BlogやYouTubeで資産を構築する為の方法紹介!
【無料】資金スキル経験不要でスタート出来る、無料で始められる!
Blog YouTubeスクール無料参加受付中!
ネット界のパイオニアが教えるBlog&YouTubeスクールの詳細はこちら! 

 

私も、半信半疑でした。また胡散臭いネットビジネスなのかとwww

でも、ブログやユーチューブを活用して多少なりともお小遣いを稼いでいる人が沢山いるのは事実だし、どうすれば私もこんなことが出来るのか知りたくて、無料のメルマガを登録して読んでみることにしてみました。それが今では…

おかげさまで、たくさんのヒントをもらい、活用することが出来ました。あの時、勇気を出して無料メール登録して本当にヨカッタ(*^^*)

 




-カートピック